求人

期間工求人の比較ランキング|おすすめの期間工・臨時工・季節工

期間工とは

期間工とは、期間の定めのある労働契約を締結した労働者をいう。臨時工・季節工とも呼ばれています。
パートタイマーやアルバイトと異なり、正社員並みの労働時間を前提としています。
企業は自社の戦略や業務の特性を踏まえ、正社員、パートタイマー、アルバイト、期間工等人材のバランスを図り、企業に適した人事管理を行うことで、人的生産性を高めています。

単に、人件費を削減したいから賃金の安いパートやアルバイトという安易な考えではなく、中長期的な観点から生産性・品質・サービスのレベル低下にならないように企業努力がされているのです。

その中で、人手不足の現代において期間工の果たす役目は大きいと考えられています。

期間工の仕事内容

期間工の仕事内容は、主に自動車工場や電子部品製造工場での組み立てなどの流れ作業にあたります。
あらかじめ方法や手順を具体的に規定することができる業務は習得するまでの期間が比較的短く簡易的な業務となります。

作業手順をマニュアル化し、短期間で習得できる標準化された業務は必ずしも正社員による業務遂行を必要とはしない業務です。このような業務に期間工・臨時工・季節工が適しています。

期間工のおかげで、外部に委託せずとも内部において作業を行うことができます。

期間工のメリットランキング

  1. 製造業等においては、マニュアル化された単純な簡易的な業務は人件費の高い正社員よりも、期間工に作業に当たってもらうことで人件費コストを抑えることができます。
  2. 雇用期間を定めて雇用するため、仕事量の多い季節、時間、曜日等に合わせて期間工を配置できるため、仕事量に合わせた人件費コストを維持できます。
  3. 単純な簡易的な業務を期間工に任せることで、正社員をその他の業務に専念させたり、新規事業のプロジェクトに参加させること時間が生まれます。

期間工のデメリットランキング

  1. 寮付き、入社祝い金付きと他のパートやアルバイトよりはいいところが多い反面、短期間の業務となることがあります。ただし、現在は人手不足の時代のため、短期間となることが少なく、また、正社員への道も開けています。
  2. 製造業を取り巻く環境は、国内外を含めた企業間競争の激化、需要変動のリスク等変化しています。今月の生産量は見通せても、半年後、1年後の生産量は見通せないというところも多く、人件費の削減に対する圧力も高まる傾向にあります。
    ただし、そういう場合でこそ需要変動に応じた人員配置ができる期間工の採用は一定数見込めるでしょう。

おすすめの期間工

入社祝い金10万円、寮完備、寮費無料、正社員採用あり・・・など新聞広告をはじめあらゆる媒体で見かけるこの好条件の広告。これこそが期間工がおすすめの理由です。これだけの好条件を出さないと、採用が難しい人手不足の時代となり、企業側は人材確保に必死です。

期間工の採用に積極的な「トヨタ」「日野自動車」「いすゞ自動車」でも、賃上げ時に期間工の日給の最低額を引き上げるなど、採用環境が悪化し、好条件を出しています。

各自動車メーカーは期間工の奪い合いを行っているとまで言われるほど、期間工の採用に厳しい舵取りを迫られています。この人手不足な深刻な今こそ大手で勤務することがおすすめなのです。

PAGE TOP