転職理由

転職理由

  1. HOME >
  2. 転職活動 >
  3. 中途採用 >
  4. 転職理由 >

転職理由

転職とは

転職とは人生の再スタートです。現在就職している人にとっては、今抱えている問題点を解決するための一つの選択肢となります。ここでは、転職をする上で整理しておかなくてはいけないことをまとめておきます。

転職理由

転職理由は当然のことながら前職を退職したことに間違いありません。

なお、前職の会社が倒産した場合など会社都合による場合はあてはまりません。

なぜ退職したのか

転職するにあたって、なぜ前職を退職したのかを明確にしなければなりません。

退職するには複数の理由があるはずで、例えば次のような退職理由が考えられます。

  • 労働時間が長い
  • 賃金が安い
  • 土日が休みではない
  • やりがいがない
  • 人間関係でストレスをかかえている
  • 能力を活かせない
  • 勤務地が遠い

転職するにあたって、これらの問題点を解決できる転職先があるのかどうかが転職のポイントです。

退職理由が転職理由になるか?

退職理由が転職理由となり得るか否か検討してみましょう。

退職理由の分析

上記退職理由が自分の努力で解決できないかどうかを冷静に検討することが大切です。

  1. 我流で仕事をしているために労働時間が長い先輩の指導を受けることはできませんか?
    未経験者であれば、労働時間が長い入社したばかりで先輩のように仕事ができるはずがありません。
  2. 賃金が安い見習い期間、新入社員の頃は給料が安いのは当然です。
    昇給がどれくらいあるかを判断材料にすべきです。
  3. 人間関係でストレスをかかえている
    パワハラなど深刻な状況なのか、単にコミュニケーション不足なのか。

現状がちょっと不満があるからと言って会社を辞め、次の職場に移ろうと安易な気持ちでは転職すると転職癖がつきます。不満があると転職、ストレスがたまると転職・・・と、繰り返していくうちに転職先がなくなっていきます。
雇用主からすると、また難癖付けて辞めるのではないかと敬遠するからです。

給料面に関しても、転職を繰り返すことで常に初任給。転職しなかったら毎年昇給していたであろう給料を逃すことになります。

特に問題があるのが一時的な心情で転職を考えることです。先輩、上司と揉めると辞めたくなる気持ちもわかりますが、それがその時だけのものであれば、しばらく経過を見たほうがよいでしょう。

転職したらストレスが全くなくなったというのは聞いたことがありません。

-転職理由
-, , ,

Copyright© 就職・転職サイト|新卒採用・中途採用におすすめの求人情報 , 2019 All Rights Reserved.