転職

転職サイトの比較ランキング|おすすめの転職サイトの口コミ

転職サイトの比較ランキング|おすすめの転職サイトの口コミ

転職とは

転職とは人生の再スタートです。現在就職している人にとっては、今抱えている問題点を解決するための一つの選択肢となります。
転職をする上で知っておかなくてはいけないことをまとめています。

なぜ転職するのか

なぜ離職するのか、なぜ転職先はそこなのかを明確にしなければなりません。
離職するには複数の理由があるはずで

例えば、

  1. 労働時間が長い
  2. 賃金が安い
  3. 土日が休みではない
  4. やりがいがない
  5. 人間関係でストレスをかかえている
  6. 能力を活かせない
  7. 勤務地が遠い

転職するにあたって、これらの問題点を解決できる転職先があるのかどうかが転職のポイントです。

つまり、まずは離職するにあたっての現状の問題点を整理することが必要です。

現状の問題点の整理

上記の問題点は、自分の努力で解決できないかどうかを冷静に見極めることが大切です。

1.我流で仕事をしているために労働時間が長い先輩の指導を受けることはできませんか?
未経験者であれば、労働時間が長い入社したばかりで先輩のように仕事ができるはずがありません。
2.賃金が安い見習い期間、新入社員の頃は給料が安いのは当然です。
昇給がどれくらいあるかを判断材料にすべきです。
3.人間関係でストレスをかかえている
パワハラなど深刻な状況なのか、単にコミュニケーション不足なのか。

現状がちょっと不満があるからと言って会社を辞め、次の職場に移ろうと安易な気持ちでは転職すると転職癖がつきます。不満があると転職、ストレスがたまると転職…繰り返していくうちに転職先がなくなっていきます。
雇用主からすると、また不満がたまって辞めるのではないかと敬遠するからです。

給料面に関しても、転職を繰り返すことで常に初任給。転職しなかったら毎年昇給していたであろう給料を逃すことになります。

特に問題があるのが一時的な心情で転職を考えることです。先輩、上司と揉めると辞めたくなる気持ちもわかりますが、それがその時だけのものであれば、しばらく経過を見たほうがよいでしょう。
転職したらストレスがまったくなくなったというのは聞いたことがありません。

転職先の検討

現状の問題点の整理が終わったら、次は転職先の検討です。

もちろん、現状の問題点を解決できる転職が目的です。
人間関係、賃金、勤務地などの問題点だけで転職する場合に同じ業種、職種で探すという場合はあまり迷うこともないかもしれませんが、通常は前職よりもスキルアップすることを目的とするでしょう。

その場合、前職でどのような技術を習得したのか、転職先ではその技術がどのように活かせるのか、さらに技術を身につけることができるのかを頭に入れておきましょう。

 

自分自身を知る

一時的な不満を理由に、勢いで転職してしまうことは無茶以外のなにものでもありません。
まずは、自分自身を見つめ直し、自分自身を知ることが大切です。
それが、転職活動を行うにあたっての行動指針にもつながるでしょう。
今までやりたいことはやってこれたのか、これからはどのようなことをやりたいのか、そのための努力はしてきたのか、これから努力することはあるのか自己分析をすることで自分自身を知ることができます。

自分自身を知ることは、面接の練習にもなります。
そもそも履歴書に趣味や特技などを記載する事項があります。それらを面接で掘り下げて聞かれることもあるでしょう。
事前に自分自身を知ることが面接対策にもなるのです。

自分自身の長所を知る

自分自身を見つめなおすことで、自分の魅力は出てきますか?
自分が得意とすること、誰にも負けいないこと、それらは転職活動にあたって武器となるあなた自身の長所であり魅力でもあります。

自分自身の短所を知る

自分自身の短所を考えることはいい気のするものでありません。
しかし、短所を知ることは自分を客観視することになります。
短所をいかに克服するのか、コントロールするのかは今後の人生においても必要なことではないでしょうか。

転職者であることを知る

転職者は新入社員ではありません。必ずしもクリーンさを求められているとは限りません。
むしろ、企業側の立場にたつと、即戦力を求めています。
欠員補充、増員、さまざまなケースがあると考えられますが、新入社員ではなく、転職者を募集しているということには何かしらの理由があるのです。

つまり、自分自身は転職者であることを知ることで、対応も自ずとわかってくるでしょう。

転職者が新入社員と違うところは、一言でいえば職歴があることです。
つまり、職歴があることで当然身につけておくべきものは身につけているであろうという前提の下での募集です。

  1. ビジネスマナーを身につけている
    社会人としての常識、電話応対、名刺交換マナーなど。
  2. 指導力を身につけている
    年齢が上の場合には、後輩の指導など。
  3. 必要なスキルを身につけている
    未経験可の募集の場合は必ずしも要求されません。

これらは、新入社員にない転職者だからこその魅力です。

PAGE TOP