20代

20代の転職

  1. HOME >
  2. 転職活動 >
  3. 20代 >

20代の転職

20代の転職

20代前半や20代後半でも相当の専門スキルを身に着けて転職というケースも中にはあるとしても、ほとんどの場合は難しいでしょう。

最初の就職先を辞めた理由やそこで何を学んだかなどは必ず面接で聞かれる項目になりますので、転職前に事前に整理しておくことが大切です。

20代前半など短期間での転職の場合は、特に注意が必要です。前職での不満や、人間関係がうまくいかなかった、仕事がむいていなかった・・・などの理由の場合、転職後も同じ理由で退職するのではないかと思われることになるので、転職理由には注意が必要です。それが真実であったとしても単に責任感がない人と思われる恐れがあります。

履歴書に「一身上の都合」という理由で記載している場合でも、面接で一身上の理由を聞かれます。

ココがポイント

20代の転職でも、前職での退職理由と転職理由を明確に整理しておきましょう。

20代の転職成功

仮に面接を突破して20代で転職した場合でも、無理に合わないところに就職するとまた短期間で退職することとなり、転職癖がつきかねません。それは単に転職しただけであって、転職に成功したわけではありません。

短期間での転職を繰り返さないためにも、20代の転職こそ慎重になるべきです。

20代の転職サイト

30代40代50代と年齢を重ねるほど専門スキルを持っていないと応募条件に合致しない場合が出てきます。
その点、20代の場合専門スキルを持っていること自体が少なく、今後スキルを持ってもらおうという会社からの求人になりますので、転職サイトからのリクエストも多いと言えます。

20代前半・後半は、男性・女性を問わず、転職サイトに登録するとたくさんのリクエストがありますが、やみくもに応募するのではなく、自分が前職を退職した理由をしっかりと分析したうえで、次の転職先がその問題を解決してくれるのか吟味して応募しましょう。

20代におすすめの転職サイト

20代の男性・女性には、中高年向けの管理職を中心とした転職サイトは向いていません。どちらかというと準新卒採用に近い転職サイトがおすすめです。

充分なキャリアを積んでいなく、これからキャリアを積んでいくための求人で充分需要があるでしょう。

20代の転職サイトでの注意点

20代で転職するということは、前職で満足できなかったのが原因であると採用担当者は理解しているはずです。それでもあえて面接で質問されるということは、単純に理由を知りたいだけでなくどのように答えるかということが審査ポイントになっていることも考えられます。

ココがポイント

前職での失敗や不満をどう解決しようとしているのか、転職先ではその経験がどのように活かせるのかはっきりと答えられるようにしましょう。

また、20代前半など卒業後から期間があまりたっていない場合は、新卒者と同様に、大学で学んだこと、サークル活動のことなどを聞かれることもありますので、改めて整理しておいたほうがよいでしょう。

-20代
-, ,

Copyright© 就職・転職サイト|新卒採用・中途採用におすすめの求人情報 , 2019 All Rights Reserved.